2010年01月16日

バードベーン検証追追記

もうちょっとデータとってみた。
あんまり意味はなかったようだ。


5時間ほど。
ガード上げで慣れきってたせいか、別に特段の苦労もなく。

モンスター__ __累計 __割合 総戦闘時間 ____平均 標準経験値 __平均[最大/最小]
Flamingo____ ___157 100.0% __3h47m56s ___1m27s _____14831 __94.5[__97/__92]
(Lv分布はLv72,73,74がそれぞれ50,55,52匹であり、ほぼ均等と考えてよいレベルである)


与ダメ__________ ___全部(___._%)__________ __通常___________ __遠隔___________ その他___________ __魔法______
Almore__________ _706516(100.0%)[185980/h] 485546[4718/4993] ______[____/____] 220970[_430/_430] ______[____]
追加効果________ ______0(__0.0%)[_____0/h] ______[____/____] ______[____/____] ______[____/____] ______[____]
累計____________ _706516(100.0%)[185980/h]

与ダメ・通常____ __累計 __平均[最大/最小] __命中___________ __クリティカル___
Almore__________ 485546 _102.9[_215/__43] _94.5%[4718/4993] _11.6%[_549/4718]

与ダメ・その他__ ____________________ __累計 __平均[最大/最小] __命中___________
Almore__________ カウンター__________ _12083 __86.9[_162/__58] 100.0%[_139/_139]
________________ 気孔弾______________ __4149 __60.1[__78/__39] 100.0%[__69/__69]
________________ 夢想阿修羅拳________ 204738 _922.2[1113/_659] 100.0%[_222/_222]


・全体の比較。
今回、前回の順で記載。
トータル
185980/h 190399/h
通常
127812/h 131312/h
WSは
58167/h  59086/h
すべてにおいて若干劣るものの2,3%と大差はないレベルで、比率を考えるとほぼ同じで、長時間の割には乱れは少なく。
Repの時間集計はそれほど厳密ではないので、そんなものであろう。

・通常ダメ
今回
与ダメ・通常____ __累計 __平均[最大/最小] __命中___________ __クリティカル___
Almore__________ 485546 _102.9[_215/__43] _94.5%[4718/4993] _11.6%[_549/4718]
前回
Almore__________ 216155 _101.7[_206/__43] _94.4%[2125/2250] _11.1%[_236/2125]

Cなし今回 93.8[_133/__43] _93.4%[4169/4444]
Cなし前回 93.3[_142/__43] _93.8%[1889/2014]

Cのみ今回 172.4[_215/__88](1.84倍)
Cのみ前回 169.1[_206/__85](1.81倍)

birdbanesbeating.PNG
※横軸ダメージ、縦軸発生率(1マス5%)

若干今回のほうが僅かに平均は高いものの誤差範囲。
そのうちのかなりの部分はクリティカル発生の多さであることが見て取れる。

今回はクリティカルも549サンプルとれたので、クリティカルの分布もきれいに取れている。
やはり、クリティカルは固定ダメージ関連のピークなどなしに均一に出る傾向が見て取れる。もっとも非クリティカルも固定D値のでる20%程度を除けば同様の傾向があるのが、攻防関数平均1.3程度のダメージ分布である。

・WSダメ
平均、922.2。222サンプルあるので、数値としては比較的安定したデータと思われる。前回917.1であったので、微増程度の差。その差0.5%は小さく、ほぼ同様とみることができるだろう。

もちろん、多少トドメをさして最後のHITが怪しい箇所はあるのだが、WSD607に対し推定攻防関数1.60相当と少し高めに出ている(通常が攻防関数1.3程度なのでためるで1.55…ただし、リニアに伸びるのなら)。
相対的には3%とはいえ、誤差範囲なのだろうか、判断が難しい。

95%命中仮定でのWSDから推定した攻防関数のズレなので、厳密には攻防比≠攻防関数であり、このあたりはブラックボックス範囲でよく分からないというのが正直なところだろう。攻防比1.5を超えるため、リニアにならない可能性が考えられるのである。
だが、デストではわりと素直な感じででていた。その辺が謎。

もしかして、ではあるが、デストとの差異を考えると、WSの命中がキャップしておらず対バード命中+3が効果を発揮してしまったのだろうか。
TPから見た感じフルヒット率が半分程度(命中キャップ時2/3がフルヒットになるが、それより低い体感)で、5,6hitも散見されたのが気になるところである。
まぁ、キャップしてても6hitは5%出るので、11回くらい見えるのが平均であるから不思議はないし、体感はあてにならないからなんともいえない。なお、フルヒット率が50%のときの命中率は92%程度。
そんなもんだよねぇ。差が見えるところまではいかないだろう。

もっともこの可能性は低く、通常での命中が充分過ぎるほどキャップしているため、WSでの命中が-30とかになってない限り心配することはない、とは思われる。

あるいは、WSDの算出で何か違いが出てしまっているのだろうか。
このへんは謎のままである。


・たいしたことのない結論。
ざっくりみた感じは、前回の2h程度の試行とほぼ同じようなデータが得られている。
壺については割愛したが、これまた同様。
このようなRepによる観測は誤差がつきものであるものの、コントロール可能な範囲の誤差であり、予想以内のものであった。

よって、殴り2hでのデータでも通常攻撃やWSDにおいては参考になる数値を得られているものと判断する。また、今回のデータは前回の検証を追認するものである。

なお、得られた収穫は、データの安定性の確認と、推定平均攻防関数1.3におけるクリティカル分布といえる。
posted by alm at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。