2011年03月15日

震災と、しばしのお別れ

まずは、地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災され不自由な生活を余儀なくされている皆様に心よりお見舞い申し上げます。

当日、私は神奈川県横浜市の某所に職場にて地震にあった。
揺れは生涯初クラス(震度4程度は経験あり、起振車にて震度5+程度も一応)の衝撃ながらも、平静をたもて、幸いながら職場の皆ともども無事避難できた。
建物はなにぶん古く、一部の壁のモルタルが剥がれるなどの被害がでていた。従って安全性の確認が行われるまでは立ち入り禁止となった。といっても、ガラスも割れず、構造自体に明らかな問題もないため、荷物をとりに一時的に入室するのは許可される程度であった。
仕事にならないわけで、集合、人員点呼、全員無事の確認のあと、安全優先ということで帰宅可能な人は速やかに退去(残る人のジャマだし)、というわけで帰宅した。

なお、停電および電車の停止により、帰宅できない人は体育館に避難ということになっていた。さらに残った人員で、携帯およびノートPC等を持ち込んで仕事を継続することは行われていた。顧客のシステムも被災しているかもしれないのでかなりの危機感での待機であったようだ。もっとも連絡をとることさえ厳しい状況であったろう。普段通りの案件対応をすることさえ実際には難しかったはずだ。残った人はほんと大変である。

さて、一通り近所の店が休業状態なこと、火災や建物の崩壊、事故などのないことを確認したのち帰宅したのだが、震度5+の揺れのわりに本棚から本1冊も落ちず、4段に積み上げた部屋の片隅の段ボールも何ともなく、キッチンの棚の落ちそうなカップラーメンすら位置をかえないという状況には少々拍子抜けというか意外な感があった。
よく考えると、職場の縦置きのスリム型PCも固定されていないにもかかわらず微動だにせず、それどころか上にのせたティッシュ箱も落ちていなかった。うーん、摩擦力ってすげえと思いながらノートPCをさわった。
立ち上げっぱなしであったのだが、バッテリー残り時間1時間弱。そう停電だったのだ。

もちろん職場も停電だったし、そもそも照明がつかないことから分かってはいたのだが、ネットワークにもさわれないと情報の入手は困難だなと深く実感する。電気がなければTVがあってもだめだろうし、携帯もこの状況ほぼ使えない(うちのは中継局がだめなのだろう、圏外で論外www)。職場の避難中使っている人が多数いたスマフォ便利だなーとも思ったが、それもない。とりあえずPCをシャットダウン。
もう日も陰ってきており、やることといえば。そう、寝ておくかと横になった。

まだ時間もはやいこともあり、寝ることもなく、暗い中余震をときどき感じつつ考え事でもすること数時間、不意に照明がつき、家電の動作音がもどってきた。

まず、やったことといえば実家との連絡。が、次にやったことはWebみつつFFXIを立ち上げるというダメな感じ。
うんホントダメだね。
意外とサーバも動いてて、人もいて。さすがに当日プレイする気にはなれず、時々チャットしながら、無事ですサチコかいて放置してたわけだけど、なんというか、ffxiプレイヤーの中だけのコミュニティとはいえ、facebookやtwitter、mixi代わり的に使ってるんだなと思った。ある種のコミュニケーション・インフラ的である。ゲームだけど。

そのFFXIもサービス停止。メタルギアオンラインよりは遅かったけれどまっとうな判断だと思う。こんなとき娯楽産業というのはアレだ。
サービス再開できるくらい、世の中がよくなったらまた遊びたいね。
原発分の電力を供給する方法というと原子力空母借りてくるくらいのウルトラ技しかないんじゃないかなと思いつつも、給電状況が改善されることを祈ります。

では、しばしお別れ。
posted by alm at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/190806821
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。